納骨の時期 一周忌までにしないと非常識?

よく、一周忌までに納骨をするのが普通だと言われることがありますが、
決してそんなことはありません。

お墓に関する法律(墓埋法)でも、
納骨をいつまでにしなければならないとの規定もありませんし、
宗教ごとに決まっているわけでもありません。

ただ、一般的に納骨を行う時期として多く選ばれている時期もあります。

納骨の時期

四十九日法要

既にお墓をお持ちの方の場合、忌明けの四十九日法要と合わせて
納骨を行うことが多いようです。

忌明けは、故人が成仏できるようお祈りする日でもありますので
節目として納骨を行うという慣習や意識があるようです。
また、親族が集まる時でもあるので、合わせて行うということもあるでしょう。

一周忌法要

お墓を持っておらず建墓が間に合わない場合、
四十九日は法要のみを行い、それ以後の節目である一周忌に合わせて
納骨を行う場合もあります。

かつては、四十九日法要の次の百箇日法要の際に納骨を行うことも多かったようですが、
最近では親戚が集まる法要をできるだけ一度に済ませるため
一周忌法要に合わせることが多くなっています。

一般的にお墓を建てるまで、1.5〜2ヶ月かかることが多いので、
新たにお墓を建てる場合、間に合わないことも出てくるのです。

お彼岸や初盆

四十九日法要にお墓の用意が間に合わず、
一周忌まで納骨されないことあまりよく思われないご親族がいらっしゃる場合、
親戚が集まりやすいお彼岸や初盆などの節目の時期に納骨を行うという方法もあります。

一周忌以降

納骨までに時間がかかることをあまりよく思わない方もいらっしゃるので、
一周忌法要までに納骨を行うことがまだまだ多いようです。
遅くとも三回忌までに、という意識もまだ強く残っています。

しかし、納骨を行う時期に規定はありません。

故人とのお別れに時間がかかる方、
お墓の費用の準備に時間がかかる方、
さまざまな理由で納骨時期が遅くなることもあるでしょう。

気持ちや費用などの準備が整ってから、
お彼岸や命日等に合わせて納骨を行うことも決して悪い方法ではありません。

納骨堂の活用

早く納骨をしたいけど、費用の工面が難しい、
お墓の場所やタイプの決定に時間がかかってしまう、という方は
納骨堂を利用するという方法もあります。

納骨堂とは、主に、ロッカー状になった個別の部屋に骨壷を納める施設のこと。
お墓を建てるよりも費用をかなり抑えられるので、
お墓の代わりに利用する方もいらっしゃいますが、
お墓が建てられるまでの限定的な期間、納骨堂を利用するやり方も多いようです。