他人と一緒に眠る、合同埋葬とは?

“合同埋葬”というと、最近ではペットのお墓を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。
ここでは、人が入るお墓のこと、「永代供養墓」や「合祀墓」
とも呼ばれるお墓のことに触れようと思います。

合同埋葬

新しいさまざまなお墓のかたち

近年、独身者の増加や少子高齢化、生活スタイルの変化などにより、
さまざまなお墓のかたちが出てきています。

ここで触れる「永代供養墓」や、屋内施設に埋葬する「納骨堂」、
埋葬せずに手元(または自宅)でご遺骨を保管する「手元供養」、
さらには、インターネット上で故人を供養する「ネット霊園」など、そのかたちは多岐に渡ります。

樹木葬

最近では、「樹木葬」というものも頻繁にメディアに取り上げられ、話題になっています。
その名の通り、墓石の代わりに花や木などの樹木を用いる埋葬方法です。

よく「散骨」などと混同されますが、
樹木葬は行政から墓地として認可されている土地に埋葬するもので、
粉骨したご遺骨を墓地ではない海や山などに撒く「散骨」とは異なります。
この樹木葬も、永代供養墓の一つです。

 
 

永代供養墓とは?

永代供養墓とは、お墓を管理するお寺や霊園が、永代にわたって供養・管理してくれるお墓のことです。
お墓の後継者がいない方や、遠方に住んでいてお墓の管理が難しい方、ご自分が亡くなった後に
お子さんに負担をかけたくない方などの需要に応えるお墓として、近年注目を集めています。

東京、埼玉、千葉の永代供養墓はこちら▶

永代供養墓は、一定期間、個別(またはご夫婦や家族ごと)のお墓に埋葬された後、
そのお墓を管理するお寺や霊園の合祀墓に移されることがほとんどです。

冒頭で触れた樹木葬も、最初は個別のお墓に入る場合でも、
一定期間が経った後は、他の方と一緒に埋葬されることが多いようです。

納骨堂も、永代供養墓の一つといってもよいでしょう。
屋内の個別のお部屋(多くはロッカータイプ)にご遺骨を安置し、
一定期間(たとえば三十三回忌までなど)経った後は、
その納骨堂を管理するお寺や霊園の永代供養墓(合祀墓)に移されることがほとんどだからです。

最近では、年間管理費(維持費)を払い続ければ、本当に永代にわたり
個別のお部屋に安置され続ける納骨堂も出てきています。

東京 板橋の納骨堂はこちら▶
千葉 市川の納骨堂はこちら▶

永代供養墓の同義語として「合祀墓」や「合葬墓」、
「合同墓」、「共同墓」などいろいろな呼び方がありますが、
つまりは(ほとんどの場合、最終的には)他の人と一緒に埋葬されるお墓だから、なんですね。

 
 

どうしていま、合同埋葬なのか?

中には、望んで合祀墓に入っているわけではない場合もあります。
先祖代々のお墓であっても、後継者がいなくなってしまい放置されるお墓が増え、
お墓を管理する寺院がやむなく合祀墓に移す、といったケースも増えています。

また、生涯独身者の増加やお年寄りの一人暮らしが増えたことなどにより、
引き取り手のいないご遺体が、自治体や行政によって
提携する寺院の合祀墓に安置されるといったケースもあります。

しかし、それと同時に、この合祀墓が「永代供養墓」というかたちとして、
近年とても注目を集めているのです。

では、どうして「永代供養墓」を、つまりは合同埋葬されることを選ぶのでしょうか。

 

1.お墓の後継者がいない

もともとは先祖代々のお墓があっても、それを継いでくれる人がいない場合、
将来、放置墓になってしまいます。
そうならないために、お寺が永代にわたって管理・供養してくれる永代供養墓を選ぶケースが増えています。

2.費用を安く抑えたい

お墓を買う、といったときにかかってくる費用は大きく次のようなものがあります。

  • 墓石代
  • 墓石工事費
  • 永代使用料(永代にわたってその土地を墓地として使うための費用)
  • 墓石彫刻料
  • お寺へのお布施など

この他に、手桶料や毎年かかる年間管理料などがあります。

個別の墓石を使用する永代供養墓もありますが、
多くの場合、一つの代表する専用墓石の下に安置されますので、
墓石やそれにかかる工事費がかかりません。
そのため、通常のお墓より格段に安く済みます。

目安としては、通常の墓地購入費用が100万〜200万円
(安くても50万円〜、高級墓地の場合は300万程度)かかるのに対し、
永代供養墓の場合は安いものだと20万円前後〜で済む場合が多いです。

 

3.子供に負担をかけたくない

お墓を管理するのは一生のこと、またそれを継ぐとなると次の世代までずっと続くことです。
費用の面でもそうですが、お子さんが遠方に住んでいる場合など、
一つの場所にあり続けるお墓を代々管理していくことが難しい場合もあります。
あとに遺すご家族への心遣いから、永代供養墓というかたちを選ばれる方がいることも近年の特徴です。

 

4.アクセスの良い場所にお墓を購入したい

お墓参りに行きたくても、高齢のため簡単に足を運べないという方も多いでしょう。
永代供養墓は、ご遺骨をまとめて安置するため、広い土地を必要としません。
また、永代供養墓のひとつである納骨堂も場所をとらない屋内施設のため、
比較的都心から近い場所にあることが多いです。
そのため、都市部に住む方には特に人気が高くなっています。

(お墓に足を運べない方におすすめ↓)
東京都小平市 永代供養墓、代行サービスのある霊園 小平聖地公園セントソフィア
埼玉県所沢市 永代供養墓、代行サービスのある霊園 サンモリッツリバティ所沢

 

5.手元供養していたご遺骨を安置する場所がほしい

ご家族が亡くなったとき、すぐにお墓が用意できなかったり、別れが惜しい、
といった理由で手元供養される場合もあります。
しかし、ずっと自宅に置いておくのも親戚への印象がよくない、お墓を建てたいが費用が工面できない、
自宅に置いていても自分がずっと管理し続けられるわけではない、
といった場合に永代供養墓に移されるケースもあります。

亡くなったときにお墓が用意できず、将来お墓を建てるまでの一時的な安置場所として選ぶなら、納骨堂がおすすめです。
合祀墓と違い、ご遺骨を個別に収納できるので、後に個別のお墓に移すことが可能です。

東京 板橋の納骨堂はこちら▶
千葉 市川の納骨堂はこちら▶

 
 

遺す人、遺された人のやさしさ

永代供養墓

永代供養墓というかたちを選ぶ際、最終的に合同埋葬されるということを
十分に理解しておく必要があります。
(親戚の中には抵抗を感じる方もいるかもしれません。)

しかし、地域によっては、火葬後にご遺骨を骨壷に移す際、代表的な大きなお骨のみを移し、
残りは合同埋葬されるところがあります。
やむを得ないケースですが、放置墓のご遺骨を合祀墓に移すといったことも
通常のこととして行われてきました。
また、地元の先祖代々のお墓に一部を埋葬し、
足を運びやすい場所にある永代供養墓に分骨するという方法も見られます。

こういったことから、“合同埋葬”されることを必要以上に気にするのではなく、
遺された方がどのように供養できるか、管理・供養されないお墓をどう減らすか
が重要視されているように思います。

時代の変化によってやむを得ず生まれたかたちかもしれませんが、
そこに人のやさしさも感じられます。

東京、埼玉、千葉の永代供養墓、納骨堂のある霊園シリーズ 博愛の絆