納骨堂の選び方 チェックポイント

納骨堂とは、もともとはお寺の敷地の片隅にあり、
一時的にご遺骨を収蔵するための施設として使われていました。
その後、時代の変化とともに、一時的な収蔵場所ではなく、
永代的なお墓としても用いられるようになっていきました。

屋内施設で、広い土地も必要とせず、墓石を建てる必要もないので、とても経済的なお墓の形態です。
このような理由から、地域によっては昔から、
共同の納骨堂を建てて地域のみんなで使用する、というところもあるようです。

また、アクセスの良い場所に位置することが多いので、
後継者のいない方や、なかなかお墓参りに足を運べない方の要望に応えるお墓でもあります。

ここでは、納骨堂を選ぶ際のチェックポイントをまとめてみます。

 

納骨堂の選び方

 

その前に!通常のお墓との違い

実際に納骨堂を選ぶ前に、通常のお墓と異なる特徴を理解しておく必要があります。

上記のように、

  • 墓石を建てる必要がないので安価
  • 屋内施設
  • 永代供養されるところが多い

などといった形態や価格に関する大きな特徴の他には、
通常のお墓とどのような違いがあるのでしょうか。

実際にお墓参りをする際の違いを見てみましょう。

 

お墓の前で手を合わせられる?

通常のお墓参りだと、故人のお墓の前で手を合わせますね。

一方で、納骨堂の場合は、個人の納骨室の前までお参りできるかどうかは施設によって異なります。

  • 共同の参拝スペースで手を合わせる施設
  • ご遺骨を取り出して、専用の参拝スペースで手を合わせられる施設
  • 機械式の納骨堂で独立した参拝スペースにご遺骨を呼び出し、プライベートな空間で手を合わせられる施設

などさまざまです。

 

お供え物は?

通常のお墓参りでは、お花やお線香、故人が好きだった食べ物や飲み物などをお供えしますが、
納骨堂の場合、個人の納骨室にお供えものをして手を合わせる、といったことができません。
(一部を除く)

共同の参拝スペースの場合、施設専用のろうそくなどをお供えしたり、
個別のお供え物ができる場合でも、共同のお供えスペースにお供えし、
一定期間をすぎると、施設の管理者が片付ける、といったことが多いようです。

 

お墓の手入れが不要

お墓の手入れ

通常のお墓は、屋外に墓石があるため、お墓参りに行くと、お墓周りを掃除したり、
墓石を拭いたりといった手入れが必要ですね。
場合によっては、古く劣化した墓石を修繕する、といった作業も発生します。

その点、納骨堂は屋内施設で、納骨スペースの管理は施設のほうで行われるため、
お墓の手入れが必要ありません。
そのため、なかなかお墓参りに行けなくても、お墓が荒れてしまう心配もありません。

 

天候に左右されない、お墓参りが楽ちん

通常のお墓は屋外にあるため、雨や雪の中お参りするのは大変です。
墓域の敷地が広い場合は特に大変ですね。

一方、納骨堂は屋内施設のため、天候に左右されることがありません。
1年中いつでも快適にお参りすることができます。

また、広い敷地内を移動する必要もないため、
お年を召した方やお体の不自由な方にもやさしいお墓と言えます。
エレベーターや車いすを完備している施設も多いです。

 

納骨堂を選ぶチェックポイント

それでは、納骨堂を選ぶ際のチェックポイントを見てみましょう。

  1. 宗派は? 入壇する必要はある?
  2. 納骨できるご遺骨の数は?
  3. 納骨期間
  4. 個別の納骨スペースをずっと使用できるのか、永代供養墓に移されるのか
  5. お墓参りの方法は?(参拝スペースやお供え物について)
  6. アクセスがよいか?
  7. 費用はどれくらいかかるか

 

宗派について

お寺が管理している納骨堂の場合、そのお寺の宗教に準じることがあります。
民間の霊園などが運営している納骨堂であれば、宗派不問のことがほとんどです。

また、お寺が管理している施設の場合、壇家にならなければならないのかどうかも
大きなチェックポイントですね。
入壇することになれば、その分費用もプラスされます。

宗旨・宗派不問の納骨堂はこちら

 

収蔵可能なご遺骨は何体までか

後継者の心配から、ご自分だけ、またはご夫婦のみで、と考えられている方はほとんど心配ありません。
ご家族のお墓として、先まで使っていきたいと考えられている場合、
一つの納骨スペースに何体まで収蔵可能なのかは、確認が必要です。

骨壷を使う場合は何体まで、骨壷を使わず、専用の納骨袋を使用すれば何体まで、
といった目安が提示されていますので、確認しておくとよいでしょう。
施設にもよりますが、最大で8体まで、といったところもあるようです。

 

個別のスペースを使用できる納骨期間は?

納骨堂は「永代供養」とうたっているところがほとんどですが、
永代にわたって個別のスペースが使えるかどうかはまた別の話です。
実際に個別の納骨スペースを利用できるのは、33回忌までなどと
期間が限定されているところがほとんどです。

納骨堂の使用期限が定まっている施設の場合、期限が過ぎると永代供養墓(合祀墓)に移されます。
個別のお墓と違い、他の人と同じお墓に入る、ということになります。
ご遺骨も骨壷から出されることがほとんどですので、永代供養墓に移されたら、
再度個別のお墓に移す、ということはできなくなります。

中には、年間管理費を支払っていれば、永代にわたって個別の納骨スペースで
供養され続けるという施設もありますので、
個別収蔵にこだわりたい方は、そういった施設がおすすめです。

 

お墓参りの方法

多くの納骨堂が、共同の参拝スペースを設けており、
お墓参りに来られたご家族は、そこで手を合わせます。
光の多く入る温かい雰囲気の参拝スペースにされている施設もあり、
屋内でも暗い雰囲気を感じさせません。
明るくやさしい雰囲気の納骨堂はこちら

また、個別の参拝スペースを設けている施設もあります。
落ち着いた雰囲気で、静かに故人との時間を過ごすことができます。
最近では、機械式の納骨堂で、カードをかざすと、個別の参拝スペースに
ご遺骨が自動で運ばれる施設もあります。

お供え物ができるかどうか、お供えできるものの内容も施設によってことなりますので、
合わせて確認しておくとよいでしょう。

 

アクセスの良さ

納骨堂のアクセス

都心から近い場所に位置する施設もありますが、実際に行ってみると、
最寄り駅から更に長い時間バスに乗らないといけない、バスの停留所からも遠く、
歩く必要がある、などといったことがあります。

せっかく、お墓参りしやすいように、家から近い場所の納骨堂を選んでも、
実際にかかる移動の手間は変わらなかった、といったことにもなりかねません。

家からの単純な距離より、最寄り駅から近いかどうか、最寄り駅からのアクセスが楽かどうか、
を重視して選んだほうがよいでしょう。

東京、埼玉、神奈川、千葉のアクセス良好な納骨堂はこちら

 

価格

納骨堂の費用

納骨堂は通常のお墓に比べると安価ですが、費用は施設によって異なります。
この費用のばらつきには、いくつかの要因があります。

ひとつには、収蔵可能なご遺骨は何体か、といったスペースの違いがあります。
ご夫婦用とご家族用とでは費用が変わってきます。

また、納骨時の戒名や法要の有無や、通常の管理体制、施設が充実しているかどうか、なども関わってきます。
とても安価なところだと、納骨時の法要がない、などそっけない場合がほとんどです。

年に一度は法要を行い、施設の管理体制もしっかりしている、安心して利用できる施設だと、
費用の相場は50万円前後となります。
さらに、最新式の機械式の施設になると、80万円前後など、少し価格が上がることもあります。
※初期費用と永代供養料などを含んだ相場です。

アクセスの良さも価格に影響します、一般的に都心に近く、駅からも行きやすい場所であれば、
郊外のアクセスしにくい納骨堂に比べて価格が上がります。

納骨堂の価格例はこちら

 
 

お墓の購入は人生の中でほとんど一度しかない、大きなイベントです。
以上のようなチェックポイントを参考にして、納骨堂選びに役立ててみてください。