一時収蔵先として、納骨堂を利用する

大切な方が亡くなってしまったとき、すでに先祖代々のお墓があり、
そこに入ることが決まっている場合は何の問題もありません。

しかし、いろんな理由から、すぐにお墓に入ることができないケースもあります。
早過ぎる突然の死の場合は特に、何の準備もできていないことがほとんどです。

  • お墓がなく、墓地や霊園を決めてお墓を建てるまでに時間がかかる
  • お墓を建てる費用を工面するのに時間がかかる
  • 実家が離れているため、住んでいる場所に近いところに新たにお墓を建てることを考えている
  • 引っ越しなどの予定がある

このように、すぐにお墓に埋葬することができない、お墓の決定までに時間がかかる場合、
ご遺骨はどのように保管しておくべきなのでしょうか。

 
一時収蔵先として、納骨堂を利用する

 

納骨に適した時期は?

すでにお墓がある場合、忌明けの四十九日法要と合わせて納骨をすることが多いようです。

お墓がなく、お墓を建てるまでに時間がかかる場合は、
お彼岸や初盆、一周忌法要に合わせて納骨を行うこともあります。

お墓を建てるには、一般的に1ヶ月半〜2ヶ月くらいの期間を要しますので、
墓地や霊園を探して、条件に合う場所を選び、お墓を建てる申し込みをして、
お墓ができあがるまでのすべての期間を合わせると、四十九日法要には間に合いません。
そのため、次の区切りの良い時期に合わせて納骨を行います。

一周忌以降に納骨を行う方もいらっしゃいますが、なかには、
あまり長い間納骨を行わないことをあまりよく思わない親族などもいらっしゃいます。
そのため、遅くても三回忌までには納骨を済ませるというのが一般的なようです。

では、納骨をするまでの間、みなさんはご遺骨をどうしているのでしょうか。

 

手元供養

その名の通り、骨壷に収めたご遺骨を手元(自宅)に置いて供養する方法です。
納骨をするまでの期間があまり長くない場合、この方法がほとんどなのではないでしょうか。

 

一時収蔵してもらえる納骨堂を利用する

上記のように、あまり長い間納骨をせずに手元に置いておくことを
あまり好ましく思わない方が多いのも実情です。

お墓を建てるまでに時間がかかる場合で親族から手元供養への理解が得られない場合に便利なのが
一時収蔵可能な納骨堂です。

 

■ 民営の納骨堂

多くの場合、三十三回忌までの期間個別安置され、その後合祀墓に移されるというプランが一般的です。

個別安置の期間は三十三回忌だけでなく、いくつかの期間から選ぶことができる納骨堂もあります。

なかでも、今回のような場合に便利なのが、最初の基本料金を支払った後、1年ごとに更新できる納骨堂です。

(例)基本料金180,000円の納骨堂
春彼岸前後まで骨壷のまま個別安置され、その後1年ごとに年間10,000円の延長料金を支払えば、
個別安置を延長することができます。

基本料金18万円の納骨堂はこちら▶

このようなプランのある納骨堂を選べば、最短約1年で契約終了し、
お墓が用意でき次第、ご遺骨を移すことができます。

 

■ 公営の納骨堂

民営の納骨堂のように、30年間など個別安置される期間が決まっており、
その後合祀墓に移されます。

東京都の場合、都立の霊園の中に一時的にご遺骨を預けることのできる納骨堂を備えたところがあります。

この「一時収蔵施設」の使用期間は1年間で、その期間内に他のお墓を探すこととされていますが、
お墓がみつからないなどやむを得ない場合は、最大4回(最長5年間)更新することができます。
(参考:都立霊園公式サイト TOKYO霊園さんぽ

一時収蔵施設は、以下の霊園内にあります。

  • 雑司ヶ谷霊園:豊島区南池袋4-25-1/03(3971)6868
  • 八柱霊園:千葉県松戸市田中新田生松48-2/047(387)2181
  • 多磨霊園:府中市多磨町4-628/042(365)2079

ただし、申し込みには条件があります。

  • 未だ埋蔵、収蔵されたことのない焼骨に限る
  • 申込者は、東京都の区域内に住所を有している者
  • 申込者は、遺骨の親族である者(内縁関係を含む。)

一時収蔵施設の利用であれば、通常の公営のお墓や納骨堂のように
募集(申し込み)の時期が決まっているわけでも、倍率が高く入りにくいわけでもなさそうです。
興味のある方は、一度上記の管理事務所へ問い合わせてみてください。

 

納骨堂からお墓にご遺骨を移す=「改葬」

お墓に埋葬された(または、納骨堂などに収蔵された)ご遺骨を他のお墓などに移すことを改葬といいます。

改葬には必要な手順・手続きがあり、今回のような一時的な収蔵でもこの改葬の手続きが必要になります。

改葬に関する詳しい手続きは、改葬 — 納骨堂からお墓へ、お墓から納骨堂へでご紹介しています。

手続き自体も面倒ですが、一番気を使うのが、改葬元となるお寺・お墓の管理者への申し出だと思います。

引っ越されてしまうお寺からすると、壇家を失うことになります。
場合によっては、難色を示されたり、高額な手数料を求められるケースもあるようです。

その点、期間が限られた納骨堂を選べば、そういったことに気をもむ必要はありません。

お墓の準備ができるまでの間だけ納骨をしようとお考えの方は、
こうした一時収蔵可能な納骨堂を利用することをおすすめします。