ペットの火葬と葬儀―業者による違い

家族同様の大切なペットが亡くなったとき、出来る限りの方法で弔いたいと思うものです。

最近では、ペットの火葬や葬儀を行う業者が増えてきていますし、自治体にお願いすることもできます。

自治体でのペットの火葬は、有料で引き取る一般ごみと同じような扱いをされることが多く、焼却方法やその後の詳しい説明をしているところは少ないようです。
しかし中には、同時期に亡くなったペット達と合同火葬してくれる自治体や、希望があれば返骨してくれる自治体もあります。

自分が住んでいる自治体が運良くそういった火葬をしてくれるところならいいですが、そうでないことがほとんどだと思います。
また、配慮ある火葬をしてくれても、葬儀まで行ってくれるところはほとんどありません。

大切なペットの火葬や葬儀を手厚くしてあげたいと思われる方は、やはり民間の業者を利用することをおすすめします。

では、民間のペット火葬・葬儀業者にはどのようなサービスがあるのか、またその費用の差はどこで決まるのか、詳しく見ていきましょう。

 
ペットの火葬と葬儀 業者による違い

 

民間のペット葬儀業者のサービス

民間のペット火葬・葬儀業者には大きく分けて2種類あります。

ひとつは、出張で火葬や葬儀を行う業者。移動式の火葬車や移動式の祭壇を使い、飼い主の指定した場所(主に自宅)に出向いて火葬や葬儀を行ったり、出張でペットを引き取って火葬を行う業者です。

もうひとつは、人間と同じように、専用の火葬場や斎場といった施設をかまえている業者です。
こういった施設を持っている業者は、同時にペット専用のお墓(納骨堂タイプ)も整っていることが多いです。

前者のほうが簡易的で、費用も少し安くなりますが、より手厚く送り出してあげたいと思う方や、ペット専用のお墓も検討されている方は後者のような業者にお願いするのがよいでしょう。

では、それぞれの詳しいサービスについて見ていきましょう。

 

◎出張火葬・葬儀の業者

飼い主さんの都合に合わせたお別れができる

一番の特徴は、自宅にいながらペットの火葬や葬儀ができるということです。

住んでいる地域にペットの火葬を行ってくれる施設や霊園などがない場合でも、業者によってある程度の出張範囲はありますが、専用の火葬車を自宅に手配することができます。

中には、全国対応している業者や、24時間受け付け・出張可能な業者もありますので、飼い主さんの都合に合わせていつでもペットとのお別れをすることができます。

お別れの方法

言い方は業者によってさまざまですが、主に以下の3通りの方法があります。

①「お引き取り・ご返骨なし」

自宅までペットを引き取りに来て、その場でペットとのお別れをした後、業者で火葬を行うものです。
火葬後は、それぞれの業者が提携しているお墓に散骨または合同埋葬されます。

お別れの仕方は、出張してきた火葬車に設置された祭壇で行う方法と、自宅に祭壇を設置して行う方法の2種類があります。

また、返骨がないので、基本的には合同火葬となりますが、なかには個別火葬をしてくれる業者もあります。
そういった業者では、お骨上げ、骨壷に納骨した後、一定期間業者の施設(供養祭壇など)で供養したあとに散骨や合同埋葬をしてくれるところもあります。

②「お預かり・ご返骨あり、立ち会いなし」

返骨ありなので、個別火葬となります。
ペットとのお別れまでは、「お引き取り・ご返骨なし」と同様の方法で行い、専用の火葬車で業者だけで火葬、お骨上げをします。
その後、骨壷または骨袋を自宅まで届けてくれる方法です。

③「お預かり・ご返骨あり、立ち会いあり」

個別火葬で、火葬とお骨上げにも家族が立ち会い、参加する方法です。

①→③の順番で費用が少しずつ高くなっていきます。

 

◎火葬場・斎場の設備のある業者

手厚い葬儀

ペットとのお別れも火葬も、しっかりと整えられた設備で行うことができます。
お別れの際の儀式や火葬後の供養も、手厚く行ってくれるところが多く、お別れの際、住職が供養してくれるところもあります。

大切なペットがどのような形で火葬されるのか、ペットとのお別れを納得する形でできるのか、不安な方も多いと思います。
火葬場や斎場のある施設では、ほとんど人間同様の方法で葬儀を執り行ってくれるところが多いので安心です。

家族葬を大切にするペット葬祭コミュニティ ステラ☆ミラ
※大切なペットの最後のお姿を仏衣、枕、首上げできれいに整え、納棺を必ず実施します。

納骨堂という選択肢も

また、火葬後は散骨や合同埋葬だけでなく、納骨堂に個別安置するという選択肢があることが大きな特徴です。
火葬後すぐに合同埋葬されることを望まない方は、こういった納骨堂のある施設を選ぶことをおすすめします。

お別れの方法

基本的な部分は出張業者と同様で、

  • 個別火葬か合同火葬か
  • 火葬やお骨上げに家族が立ち会うか、立ち会わないか

といった点でおおまかなところは分けられていますが、火葬後の流れは

  • 散骨または合同埋葬か
  • ご返骨か
  • 納骨堂へ個別納骨か

に分けられ、さらに納骨堂のタイプも指定することができます。

 

ペット火葬・葬儀の費用

基本料金は、出張業者もそうでない業者も、ペットの大きさ(重さ)で変わってきます。
業者によって、大きさの区切り方はさまざまですが、小型犬くらいの大きさでのおおまかな相場は以下の通りです。

まず、出張火葬・葬儀業者の相場は、
「お引き取り・ご返骨なし」の一番安いコースで15,000〜19,000円前後、
「ご返骨・立ち会いあり」のコースで20,000〜24,000円前後です。

火葬場や斎場の設備の整った施設・業者の場合は、上記の料金の1.5倍〜2倍程度のところが多いです。

自由度が高く手軽な出張火葬・葬儀業者を選ぶのか、
お別れの時間をより大切に葬儀を手厚く行ってくれる業者を選ぶのか、
または、火葬後も納骨堂で大切に安置したいのかによって、多数あるペット葬儀業者の中からぴったりのところをみつけてください。