無縁仏が増加 生きているときにお墓を選ぶということ

 
「無縁仏になりたくない。」

少子高齢化、核家族化、結婚しない方が増える今、
こんなことを思ってしまう瞬間が自分にも訪れるかもしれません。

一言で「無縁仏」といっても、人によって違った意味を持ちます。

ある人は、孤独で亡くなり引取り手がいない状態になってしまうことを、
またある人は、最初は先祖代々のお墓に入ってもお墓を継承する人やお世話する人がいなくなり、
いつか無縁化してしまうのでは、ということを心配して「無縁仏」と言うでしょう。

どちらにしても、とても悲しい結末です。
が、今この無縁仏が増加傾向にあるのが現状です。

 

引き取り手のない無縁仏はどうなるのか。

 
孤独死や引取り拒否などにより身寄りのないご遺体は、自治体によって火葬され、
無縁墓に安置されます。

しかし、この無縁墓もいっぱいになるケースもあり、なかにはご遺骨を粉骨し、
合葬しているところもあります。

 

お墓の放置による無縁化

 
先祖代々のお墓に入られたり、ご遺族が購入したお墓に入られても、
縁者が遠方に移動してしまったり、ご遺族の高齢化でなかなかお墓参りに足を運べなかったり、
後継者がいなくなったりといった理由でお墓が放置され、
結果無縁仏になってしまうケースも増えています。

無縁仏になってしまったお墓をひとつにまとめ、
無縁墓の区域を作って管理している霊園もあります。

 

だからこそ、生きているときにお墓を選ぶ時代
– 永代供養墓、納骨堂という選択肢

 
一時期、「終活」ということばが話題になりましたが、
その一つに「お墓を買うこと」があります。

結婚してお子さんがいらっしゃっても、子供に負担をかけたくないと
思われる方がいらっしゃるでしょう。

また独身のため、身寄りのない方がご自分の亡くなった後のことを
心配されるのも当然でしょう。

 

永代供養墓

 
新しいお墓のかたちとして「永代供養墓」というものがあります。

永代供養墓とは、お寺が責任を持って永代にわたり供養、管理する形態のお墓です。

合同の石碑の下に、他の方と一緒にご遺骨を安置されるかたちが多いため、
「合葬墓」、「合祀墓」などと呼ばれることもあります。

墓石を購入する必要がないので、従来のお墓よりも費用がとても安いのが特徴です。
ご遺骨を個別に埋葬されるタイプもあり若干費用は高くなりますが、
やはり従来のお墓に比べるとお手頃です。

お寺が永代にわたって管理してくれるので、お墓参りに足を運べなくても
荒れたりすることはありません。

 

納骨堂

 
屋内のロッカー状の施設にご遺骨を納められる「納骨堂」というものもあります。

骨壷に入れた状態で個別のスペースに安置されるので、
上記の合葬式の永代供養墓より費用は高くなりますが、
こちらも従来のお墓に比べると費用は安いです。

墓石を買ってお墓を建てるまでの間、納骨堂に安置しておく方もいらっしゃいます。

将来のお墓の管理が心配であれば、一定期間納骨堂に安置し、
その後合葬式の永代供養墓に移すタイプのサービスを選ぶこともできます。

 

お墓に対する考え方はさまざまですが、こういったかたちもあるということが認知されれば、
無縁化するお墓が少しでも減るのではないかと期待してしまいます。